ホーム > メディア > イベント・セミナー情報 > 【7月16日開催アイネスウェビナー】アフター・コロナのIT利活用のあり方

イベント・セミナー情報

【7月16日開催アイネスウェビナー】アフター・コロナのIT利活用のあり方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【7月16日開催アイネスウェビナー】アフター・コロナのIT利活用のあり方
新型コロナウィルスの影響で半ば強制的にリモートワークを導入するなど、ルール整備や教育が不十分なままIT環境を変更した企業が多く存在しています。
 本セミナーでは情報セキュリティ大学院大学 大久保教授をお迎えして、あるべきセキュリティの形態と課題をお話しいただきます。また、第二部ではクラウド型ID管理製品Oktaによってもたらされる新しいID管理のあり方をご紹介します。
  ご多用とは存じますが、皆さまのお申込み、ご参加をお待ちしております。

開催概要

【タイトル】アフター・コロナのIT利活用のあり方
      ゼロトラストネットワークにおける"望ましいセキュリティ"と"ID管理のすすめ"
【開催日】2020年7月16日(木曜日)15時00分~16時30分
【開催場所】ウェビナー ※フラッシュプレイヤーが必要です
【対象者】経営、情報システム部門の責任者、担当者
【会費】無料(事前登録制)
【主催】株式会社アイネス


プログラム

◆プログラム1(30分)
『~ゼロトラストネットワークの観点から~』 
<講演者>
情報セキュリティ大学院大学 情報セキュリティ研究科
大久保 隆夫 教授
<講演概要>
 新型コロナウィルスの流行は、リモートワークやオンライン会議など、社会の変革をなかば強制的に促した。
 コロナ禍の後も、その一部は変わったまま存続するなど、業務におけるIT利活用の形態も大きく変わろうとしている。しかし、従来とは変わってしまった信頼境界の中で、セキュリティと信頼を維持するにはどうすればよいのか。のぞましい形態とセキュリティ上の課題について、「ゼロトラストネットワーク」の概念を用いて解説する。
◆プログラム2(30分)
~ゼロトラストネットワークのアイデンティティ管理~』 

<講演者>
株式会社アイネス ITソリューション本部 運用サービス第一部
小阪 聡平,CISSP
<講演概要>
 テレワーク推進やSaaS利用拡大に伴い、ユーザの所在地やアプリケーションの場所が急速に多様化しています。
 ゼロトラストネットワークにおいて企業と外部の境界線をファイアウォールからアイデンティティに移行するための最適解、"IDaaS Okta"をご紹介します。
 

セミナーに関するお問い合わせ

株式会社アイネス ITソリューション本部 営業部 
・担当:丹羽、武田
・TEL:03-6864-3640

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
当ウェブサイトでは、利便性やサービス向上を目的に、Cookieを使用しております。
このまま当ウェブサイトをご利用になる場合、Cookieを使用することにご同意いただいたものとさせていただきます。

This site uses cookies. By using the website and its offers and continuing to navigate, you accept these cookies. You can find and change this in our Online Privacy Notice.