ホーム > よくある質問

よくある質問

アイネスに関するご質問

社名の“アイネス”にはどのような意味があるのですか?
“アイネス(INES)”は、「情報、通信、技術、問題解決」の英語表現である 「Information Network Engineering & Solutions」の頭文字から命名されました。当社は、1964年に「協栄計算センター」という社名で創業いたしましたが、情報通信技術の進歩と事業内容の変化によって「計算センター」という呼称が次第に時代にそぐわなくなったことから、1984年8月の創立20周年を契機に、現在の“アイネス”に社名変更いたしました。
会社が設立されたのはいつですか?
1964年7月28日、資本金200万円で設立いたしました。
主な事業内容について教えてください
当社は、優れた情報通信技術を基盤に、企業や官公庁のお客様に対して情報システムの構築から運用・保守までのサービスをご提供しております。事業は大きく分けて3つから構成されています。一つ目はお客様の情報システム環境に適合したソフトウェアの設計から開発までを行うソフトウェア開発、二つ目はお客様にとって最適な情報システムを構築するシステム提供サービス、三つ目はお客様に代わって情報システムやネットワークを運用・保守する情報処理・通信サービスです。
アイネスの強み・特長は何ですか?
アイネスの強みは、情報システムの設計・開発から運用・保守までの一貫プロセス技術を有し、お客様にトータルなサービスをご提供できることです。創業時から培った経験やノウハウを独自のパッケージやツールとして商品化し、活用し、運用すること、あるいは、特定のハード・ベンダーに依拠せずマルチ・ベンダー方針を堅持するなど、特長あるサービスをご提供しています。
環境や社会貢献に対する取り組みについて教えてください
当社は、全役職員が遵守すべき原則・基準を定めた“アイネス行動規範”のなかで地球環境保全や社会貢献を掲げて「企業の社会的責任」推進に取り組んでおります。具体的には、環境保護の国際規格「ISO14001」の取得推進による環境保全活動の強化や、豊かな社会の形成と創造性に富んだ未来の人材育成を目標に音楽祭や数学能力向上など、文化・芸術・教育の振興に努めております。
詳しくは当ホームページの社会貢献活動をご覧ください。
アイネスグループにはどんな会社がありますか?

現在、アイネスグループには次の4社の連結対象子会社があります。
グループ会社の詳細は、会社情報の会社概要に掲載しております。

  • 株式会社アイネス総合研究所
  • 株式会社KDS
  • 株式会社アイ・エス・エス
  • 株式会社SKサポートサービス

IRに関するご質問

採用に関するご質問