ホーム > 企業情報 > 沿革

沿革

1964年 (株)協栄計算センターとして協栄生命保険(株)(現ジブラルタ生命(株))より独立。
1968年 民間計算センターとして初めて地方自治体向け住民記録システムを開発。
1972年 官庁会計システムを開発し大蔵省よりAクラスに格付けされる。
1973年 大蔵省(現財務省)より運用管理システムを受託。札幌、北関東、名古屋、大阪支社を開設し、全国展開開始。
1974年 相互銀行キャッシュディスペンサー・サービスのセンター業務を受託。
1975年 (株)協栄データサービス(現(株)KDS)(現連結子会社)を設立。東北支社開設。
1976年 通産省よりORシステム開発を受託、広島、福岡支社開設。
1978年 磁気テープ自動管理システムの開発・導入、漢字処理開始。
1983年 全国主要68都市を結ぶ独自ネットワークKICNET(キックネット)を構築、通産省より安全対策実施事業所の認定を取得。
1984年 (株)アイネスに商号を変更。
1985年 VANサービスを開始、通産省Σプロジェクトに参画、KICNETの光ファイバー化。
1987年 東京証券取引所第二部に株式を上場。川崎市に高津事業所開設。
1988年 特別第二種電気通信事業者として郵政省に、システムインテグレータとして通産省に登録、認定を受ける。
1990年 東京証券取引所第一部へ指定替え。
1991年 横浜市に総合研究所(現横浜事業所)開設。
1992年 早稲田大学と日本のインターネットの基となったJUNET(ジュネット)による国際電子メールシステムの研究を開始。
1995年 特定システムオペレーション企業として通商産業省(現経済産業省)に登録、認定を受ける。
1996年 運用管理システムGoodParStrength(グッパーストレングス)を発表。
1997年 アウトソーシング分野でISO9000シリーズ認定を取得。
1999年 プライバシーマークの認定を取得。日立ソフトウェアエンジニアリング(株)(現(株)日立ソリューションズ)と資本・業務面で提携。
2000年 Web型次世代総合行政システムWebRings(ウェブリングス)を発表。金融機関向けフルアウトソーシングを開始。
2002年 FAXメールサービスBi-f@x(ビーファックス)のサービスを開始。情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の認証を取得。静岡支店開設。
2004年 (株)SKサポートサービス(旧 日立ソフトサービス(株))の株式を取得しグループ会社化。環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001認証を取得。
2006年 少額短期保険事業者向け基幹業務ソリューションを発表。
2007年 銀行業向け総合資産管理システムInsAsset(インスアセット)を発表。自動車部品製造業に特化したERPソリューションAerps(アープス)の提供開始。
2008年 全支社に環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001の認証拡大。独国SAP社ERPシステムにおけるマスター管理の正確性・完全性を強化する「AerpsMASTER(アープス・マスター)」の提供開始。
2009年 シンガポール支店開設。
2011年 中国の上海に現地法人を設立。
2012年 ITサービスマネジメントシステムの国際規格ISO20000認証を取得。社内保育園「アイネスキッズクラブころぽの森」を開設。中国の香港に現地法人を設立。
2013年 WebRings(ウェブリングス)が社会保障・税番号(マイナンバー)制度に対応開始。
2017年 (株)アイネス総合研究所を設立。「えるぼし認定」第3段階を取得。INES-SIRT(アイネス・サート)、日本シーサート協議会に加盟。
2018年 (株)三菱総合研究所と業務資本提携。「AIスタッフ総合案内サービス」の販売代理として販売開始。
2019年 (株)アイネス総合サービスを設立

※ 記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

※ 大蔵省は現財務省、通産省は現経済産業省、郵政省は現総務省です。

※ 日立ソフトウェアエンジニアリング株式会社は、2010年10月1日合併により、株式会社日立ソリューションズとなりました。