伝票電子化システム(電帳法対応)


対象業種・業界

流通業流通業 製造業製造業

2022年1月の税制改正で、2年後に対応が迫られる電子帳簿保存法へのご対応はお済みですか?

納品書など伝票の紙での保存が不要となり手間が省ける一方で、データの保存方法にもいくつか条件が付与されている点に注意が必要です。2022年1月より施行される改正電子帳簿保存法にも対応している伝票電子化システムを導入することで、毎日発行される納品書などの紙書類の発行・郵送・仕分け・保管コストを大幅に削減できます。

AdobeStock_484638957_Preview.jpeg

こんな課題はありませんか?

課題1

紙の納品書の保管に膨大なコストが発生してしまっている

課題2

紙での運用の為、出力・仕分けなど作業が発生するうえ、データの検索もできない

課題3

納品書に関して電子帳簿保存法の保存要件に対応できていない

アイネスの【伝票電子化システム】で解決!

解決① ペーパーレス化によるコストダウン

日々の納品-検品業務の中で発生する納品書などの膨大な量の紙のペーパーレス化が可能になります。ペーパーレス化によって、紙代、インク・電気代、保管費用、輸送費用など紙の管理に発生する様々なコストの削減が実現いたします。

解決② 電子化による作業効率化

タブレット端末での使用も想定し、帳票レイアウトをイメージした画面をご提供いたします。これにより、伝票電子化システムへのスムーズな移行と導入後の検品作業の効率化が図れます。また、様々な角度からの検索条件により、情報活用や管理面での効率化も見込めます。

解決③ 電子帳簿保存法への対応

2022年1月施行の改正電子帳簿保存法にも対応しております。(現在は対応に2年間の猶予が認められております。)電子データは最低7年分の保存・管理が可能で、過去データについても必要に応じて安全に閲覧が可能です。

システム概要

realmdbi_011.jpg


画面イメージ

明細一覧画面の画面例

各画面では検索機能を使うことで目的のデータをすぐに探し出すことが可能です。検品作業は確認項目にチェックを入れることで実施が可能になります。(各画面ほぼ同じ構成です)

electronic_report_system_2.png

導入効果

・膨大な量の帳票データから目的の情報を探し出すときも瞬時に検索が可能に
・CSV出力ができるので、他の帳票や資料へ活用可能
・アクセス権限を設定でき、アクセスログが記録されるため、セキュリティを強化できる
・バックアップを取得することで、万が一の時の復元復旧が可能

導入企業様

oozeki logo.png




関連サービス


サービスに関するお問い合わせはこちら

当ウェブサイトでは、利便性やサービス向上を目的に、Cookieを使用しております。
「Cookieについて」をご参照いただき、Cookieの使用にご同意いただける場合は「同意する」ボタンを押してください。
ご同意いただけない場合は、ブラウザのCookieの設定を無効化してください。

This website uses cookies in order to improve user experience quality. Please review our cookie notice.
If you agree with them, press "Agree" button. If you do not agree, disable cookies in your browser settings (opt out of their use).