株式会社アイネス

ホーム > メディア > イベント・セミナー情報 > 【3/19(火)東京会場】狙われるWebサイト。今こそ必要なセキュリティ対策とは。

イベント・セミナー情報

【3/19(火)東京会場】狙われるWebサイト。今こそ必要なセキュリティ対策とは。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【3/19(火)東京会場】狙われるWebサイト。今こそ必要なセキュリティ対策とは。

近年、WEBサイトの改ざんによる情報漏洩事件が後を絶ちません。

WEBサーバに侵入する方法も複数あり、ソフトウェアやWebアプリケーションの脆弱性を突いたもの、アカウント情報の悪用による不正ログインなどが考えられます。
また、ターゲットとなるWEBサイトに企業規模や業種は関係ないため、すべてのサイトが改ざんされる危険性があります。

それに対して、改ざん検知とは、監視対象となるWebサーバのコンテンツが改ざんされていないかを常時監視し、改ざんされた場合はそれを検知することです。

特に多くのコンテンツを扱うWebサイトでは、目視による改ざん監視は困難です。
そのため自動での監視が必要となってきます。

本セミナーでは、実際に動画によるデモンストレーションも交えながら、具体的なWEBセキュリティ対策についてもご紹介していきます。

開催概要

開催日時/会場 日にち : 2019年3月19日(火) 
時間:15時30分~17時10分(受付開始:15時00分)
会場:株式会社アイネス 本社1F プレゼンテーションルーム
          東京都千代田区三番町26番地
     東京メトロ 半蔵門駅5番出口より徒歩7分
     東京メトロ/都営地下鉄 九段下駅2番出口より徒歩12分

     JR中央線/東京メトロ/都営地下鉄 市ヶ谷駅A3出口より徒歩11分
主催・協賛 主催:株式会社アイネス 
協賛:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社
講演内容
セッション1 15:30~16:10(40分)◆

タイトル:
キーワードはレジリエンス(回復力)
~被害の発生を前提とし「検知・復旧の速度」に重点を置く考え方とは~
 
講演者:デジタル・インフォメーション・テクノロジー株式会社


日々高度化、巧妙化するサイバー攻撃を完璧に防御することは不可能であり、今求められているのは、早く気付き早く復旧するための対策です。経産省の「サイバーセキュリティ経営ガイドライン Ver2.0」でも追加された「検知」と「復旧」につき、その必要性をWebサイト改ざんを題材にご説明いたします。
◆セッション2 16:20~16:40(20分)◆

タイトル:Webサイトはこうやって守る ~具体的な対策のご紹介~

講演者:株式会社アイネス


Webサイトのセキュリティ対策につき必要性は理解していても、何から手を付ければよいのか、具体的にどんな対策を実施すればよいのか、お悩みの管理者の方が多くおられます。そのような方々のために低コストで、迅速に実施できる具体的な対策をご紹介いたします。
◆セッション3 16:40~17:00(20分)◆

タイトル:Webサイト攻撃と防御のデモンストレーション

講演者:株式会社アイネス


セッション②でご紹介した対策につき、ソリューションを当てはめてデモをご覧いただきます。実際の攻撃がどのように行われるのか、そしてソリューション活用によりどのように「防御」、「検知」、「復旧」が可能となるのか、その様子を是非ご覧ください。
お申し込み先 こちらよりお手続きください
問い合わせ先 株式会社アイネス
ITソリューション本部 担当:武田(たけだ)
  • Webによるお申し込みはこちらから。
  • Tel :03-6261-3404

※記載されている会社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加