RPA(Robotic Process Automation)

対象業種・業界

地⽅⾃治体地⽅⾃治体 ⾦融団体⾦融団体 流通業流通業 製造業製造業

事務作業をRPA化しませんか?

RPA(Digital Labor)は定型的な事務処理・高度な知的処理の自動化が可能です。 RPAを導入することで、「ミスのない高品質なオペレーションの実現」「生産性の向上」 「事務コストの削減」「簡易なシステム化」などの効果が期待できます。

事務作業をRPA化しませんか?

こんな課題はありませんか?

課題1

単純作業に人手がかかっている。

課題2

事務コストが高い。

課題3

働き方改革と言われても 作業を減らせない。

アイネスの「RPA」で解決!

当社から提案できること

単純作業はRPA化し、社員は高付加作業に集中

単純作業を自動化することで、社員は企画などの高付加作業に集中できます。

事務作業を40~75%削減可能

手動部分はRPA利用後のチェック作業のみ。生産性が安定するため、余剰なコストを削減できます。

手動よりも高速の作業スピード

内容によっては、150倍~200倍ものスピードが向上。業務を早く終えることで残業時間が減少します。

サービスの特長

下記以外の作業をRPAで実現可能かについてはお気軽にお問い合わせください。

① RPAでできること~人がPC上で行っている作業が自動化できます~

  • 集計データからシステムへの入力作業
  • 社外システムからの情報収集作業
  • 複数の社内システムを参照しての情報整理、更新作業、など
  • 定型化された業務フローに導入可能です。
  • 今どんな電子データも処理可能です。(ex.Word・Excel・PDF・Html)
  • 既存システムをそのまま利用可能です。
  • OCR(※)と連携させれば、紙データの読み込みが可能です。

※OCR(光学的文字認識):手書き文字などを読み取り、コンピューターが利用できる電子データに変換する技術のこと。

② RPA導入イメージ

RPA導入イメージ

③ 導入効果

ルール化された業務を、ミスなく24時間365日処理できるため、業務の品質向上・スピードアップ・効率化が可能です。
これまで単純作業や繰り返し作業に要していた時間を低減することで、事務コストの削減とともに、より高度な業務への注力が可能となります。

④ 導入フロー

導入フロー

サービスの仕様

    必要 推奨
ハードウェアの要求スペック CPU 1.4GHz 32bit(x82) DualCore 1.8GHz 64bit
 メモリ  4GB  4GB
 HDD使用量  80MB  185MB
ソフトウェアの要求スペック OS Windows7(update KB2533623) Windows10
   Windows Server 2008 R2  Windows Server 2016
 .NET Framework  4.6  4.6

サービスに関するお問い合わせはこちら