ホーム > サービス/ソリューション(カテゴリーから探す) > 次世代ファイアウォールマネージドサービス

Palo Alto Networks PAシリーズ(パロアルトネットワークス)
次世代ファイアウォールマネージドサービス

対象業種・業界

地⽅⾃治体地⽅⾃治体 ⾦融団体⾦融団体 流通業流通業 製造業製造業

日々高度化するサイバー攻撃には、感染端末から外部への情報漏洩通信を 検知/遮断する 「出口対策」が重要です

次世代ファイアウォールを、お客様に最適なパターンで導入。
INES-MSS(アイネス-マネージド・セキュリティ・サービス)× Paloaltoで、導入から日々の監視/運用まで一気通貫でサポートし、お客様のビジネスを保護します。

日々高度化するサイバー攻撃には、感染端末から外部への情報漏洩通信を 検知/遮断する 「出口対策」が重要です

こんな課題はありませんか?

課題1

日々高度化するサイバー攻撃に対して、
対策が追いつかない。

課題2

社内で利用されるアプリケーションを
制御したい。

課題3

サイバー攻撃に対して対策はしたいけど、
導入後の運用体制やコストが心配だ。

アイネスの「次世代ファイアウォールマネージドサービス」で解決!

当社から提案できること

従来型ファイアウォールの入口対策では不十分です

標的型メール攻撃など「新しいタイプの攻撃(※1)」はアドレス、ポートで制御する従来型ファイアウォールでは防御ができません。 感染端末から外部への情報漏洩通信を検知/遮断する「出口対策」が重要です。 C&Cといった不審サーバに対する通信の遮断や、情報漏洩のリスクが高いP2Pアプリ通信、社内ポリシー上許可していないアプリの通信を遮断することで出口対策を強化します。

従来型ファイアウォールの入口対策では不十分です

※1:IPA提唱の高度化したサイバー攻撃の一種

社内で密かに利用されるシャドーITの脅威を制御します

情報システム部門が把握していない未許可のクラウドサービスやアプリケーションの業務利用による情報漏洩を防ぐため、社内ポリシー上許可していないアプリの通信を遮断することで出口対策を強化します。

IPS/サンドボックス機能による、さらなる入口強化

IPS専用機を凌駕するIPS機能や、マルウェアを振る舞いで判断するサンドボックスを搭載。

IPS/サンドボックス機能による、さらなる入口強化

INES-MSS(※2) × Paloalto で、導入、設定、監視、インシデント対応までを一気通貫でサポート

当社SOC(※3)に管理/運用をアウトソースしていただくことでお客様の運用コストを低減し、同時にPAシリーズの防御力を最大限発揮することが可能です。

INES-MSS(※2) × Paloalto で、導入、設定、監視、インシデント対応までを一気通貫でサポート

※2:Managed Security Service
※3:Security Operation Center
※4:サンプルレポートをご用意しております。詳しくは弊社営業までお問い合わせください。

サービスに関するお問い合わせはこちら

関連サービス