トップメッセージ

未来と笑顔をITサービスから生み出すアイネスの挑戦に共に挑もう。

1964年の創業以来、新しい挑戦を絶えず続けてきたアイネスは、IT(情報技術)とサービスによって、お客さまの抱える課題を解決し、さらに、暮らしを支えるというあたりまえのことで歴史を重ねてきました。

日本だけではなくグローバルで革新的技術が進み、目まぐるしく変化する情報社会。今後もますます成長が見込まれるICT市場では、顧客ニーズをシステム化するだけではなく、アルゴリズムの開発やビジネスモデル特許の取得をはじめとした知的財産権を確保し、付加価値をつけていくビジネス展開が益々重要になってきます。

アイネスは、強みである地方公共団体分野、金融の国際分野や小売等の流通分野などを磨きながら、様々なパートナーと“共創”し、また、新たなパートナーとして「セキュリティ」や「エネルギーマネジメント」など、異業種との“共創”により、新たな価値の創出に挑戦していきます。

2017年1月には研究開発機能に特化した「株式会社アイネス総合研究所(英語名 IRI: INES Research Institute, Inc.)」を設立しました。IRIでは、AI、IoT、ビッグデータ、FinTech、地方創生など、それぞれの研究分野で最先端のテクノロジーを「産・学・官」と連携してビジネスに融合させ、アイネスから社会イノベーションの創出をめざします。
これからのアイネスでは、特に若い人たちを中心に視野を拡げるための投資を積極的におこない、IRIを活用して新しいビジネスチャンスを掴んでいきたいと考えています。

もちろん、どれだけ世の中が変化をしても「あらゆるシーンに あふれる笑顔を増やしたい」という私たちの想いは変わりません。そして、その実現の為に“お客様にとっての感動をイメージし続けること”が私たちの使命です。

多くの感動をどのようにしてITサービスから生み出すか?――未来を創り出すその問いに、自ら考え行動し、私たちと一緒に挑んでくれる仲間をお待ちしています。

代表取締役社長 森悦郎