ディスクロージャー・ポリシー

当社は、金融商品取引法およびその他の法令・規則を遵守し、株主・投資家のみなさまをはじめすべてのステークホルダーに対し、可能な範囲での正確な会社情報を適時・適切かつ公平に公開するほか、当社を理解していただくために有効な情報につきましても、積極的に開示してまいります。

1.情報開示の基準

当社では、グループ企業を含めた全社的な適時開示体制を構築し、金融商品取引法等の関係法令および当社が株式を上場する証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」という)」に従い、正確、適時かつ公平に情報の開示を行います。

また、それ以外の情報に関しても、当社をご理解いただくうえで必要または有用と判断されるものについても積極的に開示を行います。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「適時開示情報伝達システム」を通じて公開をしております。なお、報道機関に対しては、東京証券取引所内記者クラブ(兜倶楽部)を通じた公表を行います。

金融商品取引法に従う有価証券報告書等の報告書類は、所轄の財務局へ提出するとともに、東京証券取引所へ遅滞なく提出いたします。有価証券報告書等の報告書類は備え置き、公衆の縦覧に供します。

公表した情報は、適時に当社ホームページ上に掲載いたします。加えて、当社へのご理解を深めていただけると判断した情報についても同様に当社ホームページ上に掲載いたします。

3.沈黙期間

当社では、株価に影響を与える情報の漏洩を防止するため、決算発表前に「沈黙期間」を設けて、決算に関するコメントやお問合せへの回答を控えさせていただきます。

ただし、「沈黙期間」中であっても、決算内容が既に発表した業績予想から大きく乖離することが見込まれる場合には、適宜、情報の開示を行います。

4.英文開示資料の位置付け

当社は国内・海外を問わずあらゆるステークホルダーに対する公平開示を心がけておりますが、当ウェブサイトに掲載される英文の開示資料は当社が海外投資家にとって当社をご理解いただくために重要かつ有益と考える情報を抜粋してご提供しております。そのため、当社ホームページ上には、日本における金融商品取引法等の関係法令および東京証券取引所規則等によって提出が義務付けられた開示資料の一部について要約版を掲載しており、海外の法規則に対する合致もしくは免除を前提とした英文開示資料ではないことをご承知おきください。

以上